VIOの処理あなたはどうしてる?VIO処理の方法まとめ

最近ではVIOの処理をすることが徐々に一般的になってきました。しかし、いざ処理をしようと思っても、なかなかデリケートな問題なので他人には聞きづらいですよね。今回はそんなVIOの処理の方法についてご紹介します。

どうしてVIO処理する必要があるの?VIO処理のメリット

VIOの処理というと、やはり見た目の清潔感や変化が大きいですよね。

特にアンダーヘアのお手入れを一切行っていないと、無法地帯と化してジャングル状態になっている、なんて方も少なくはないでしょう。

海外ではアンダーヘアは男女問わずに一般的であることが多いです。逆に日本人の女性とお付き合いされたことのある海外男性から、日本人女性はアンダーヘアの処理をしていなくてびっくり!といった声を聞くこともあります。

そんな日本ではあまり馴染みの少ないVIOの処理ですが、最近では徐々に一般的になってきています。
参考URL:http://www.der-deutsche-freund.com/89
特に詳しく書いてあったのでおすすめです。
VIOを処理するメリットは、実は見た目のお手入れだけではありません。

実はその最大のメリットは、その衛生問題の解消にあるのです。

実は処理がされていないアンダーヘアは、蒸れやすく雑菌の温床となっています。

そのため決して清潔であるとはいえない状態で、更に蒸れたニオイがするといった問題も発生してしまいます。特に生理中では事態は悪化します。

そんなムレ問題を解消するために需要なのが、実はVIOの処理なのです。

VIO処理、きれいに仕上げたい!サロンやクリニックでの脱毛

さて、それではVIOの処理をするにはどうしたら良いのでしょうか?

VIOの処理の仕方については、大きく分けて2つあります。

美容サロンやクリニックでプロに施術してもらう方法と、自己処理の2つです。

それぞれ特徴があり、メリットでメリットがあります。

まずはサロンやクリニックでの脱毛ですが、こちらは最近非常に人気の高い処理の方法です。

一昔前は、サロンやクリニックでの脱毛というと、高額なイメージが一般的でしたが、最近はその人気に伴い、VIO脱毛を行う店舗が年々増加しています。

そのため、金額も最近ではリーズナブルに設定されていることが多く、それも人気の秘訣となっています。

サロンやクリニックで行う脱毛のメリットとしては、その仕上がりの美しさにあるでしょう。

専用の脱毛機器を使用して、徐々に毛量を減らしていきます。最終的には、半永久的に脱毛の効果を維持することが出来ます。

そうして一本一本の毛自体がどんどん細くなっていくため、チクチクすることもなく、つるつるとして毛穴も目立たない仕上がりを実現できます。

一方デメリットとしては、長期的かつ定期的に施術を受けなければならないこと、またリーズナブルになったといえども、自己処理に比べるとコストが高いということがあげられます。

VIO処理、手軽にコスパよくしたい!正しい自己処理方法

サロンやクリニックで脱毛する以外にも、自分で処理してしまう方法もあります。

VIOは非常にデリケートな箇所なので、自己処理の際にはしっかりとした知識を持って行うことが大切ですが、適切な方法で行えば、手軽に出来てコスパも良いのでお勧めです。

自分でムダ毛処理をするとなると、毛抜きでの脱毛かシェービングを思い浮かべる方が多いと思います。

最近では家庭用脱毛機器も市場では一般的になりつつあるので、そちらを思い浮かべられた方もいらっしゃるでしょう。

これらのムダ毛処理方法の中で、VIO処理に適切なものは、ずばりシェービングです。

シェービングといっても、刃を直接肌にあてる剃刀でのシェービングではありません。

電気シェーバーといった、鋭利な刃を直接肌にあてることなく毛をカットしていく、デリケートなゾーン専用のシェーバーを用いたシェービングです。

電気シェーバーはVIOの処理以外にも、例えば顔周りなどの皮膚が繊細な箇所のシェービングで一般的です。

VIOゾーンは非常にデリケートな箇所なので、剃刀や毛抜きを使用してしまうと、皮膚や毛穴を傷つけてしまい、後々大きなトラブルに発展してしまう可能性が高いです。

そのため安全面を考慮して、電気シェーバーでのシェービングがお勧めです。

また家庭用脱毛機器に関しては、デリケートゾーンへの照射は専門知識の少ない素人が行うのは危険なため、お勧めしません。

目的や予算に合わせて、VIO処理方法を選びましょう

今回はVIOの様々な処理方法について、主にクリニックやサロンで脱毛する方法と、自分で処理する方法についてご紹介しました。それぞれメリットやデメリットがあるので、ご自身の目的や予算に合わせてベストなVIO処理方法を選びましょう。